ノート

トップ > ノート > はぎわらしゅう

Apr.

27

[ はぎわらしゅう ]

【展覧会 テン展】

コド・モノ・コトの共同主催の1人、萩原修さんの展覧会の開催です。

「4月27日から5月6日まで
国分寺で「テン展」という展覧会を開催します。
ぼくが会社をやめてからはじめた10のプロジェクトを紹介する展覧会です。
もちろん「コド・モノ・コト」も展示します。
お時間があれば、ぜひのぞいてみてください。」


閉館後の時間には、
日替わりで10のプロジェクトそれぞれの関係者を中心に集まり、
飲みながらダラダラと話をしています。

「コド・モノ・コト」は、
2014年5月5日(月)19時~21時です。
2005年5月5日にスタートした「コド・モノ・コト」の9周年です。
関係者が集っていますのでご興味がありましたら、是非。
会場で誰かに声をおかけくださいね。


会期:2014年4月27日(日)~5月6日(火祝)
時間:13:00~19:00 
会場:国分寺さんち
   東京都国分寺市南町2-8-7 半沢ビル2F
   http://kokubunji-sanchi.net/
問い合せ: info@kokubunji-sanchi.net

 
ー10年間で生まれた10の物語ー
いい出会いから、いい物語がはじまります。
出会って、いっしょに土を耕し、種を蒔いて、水をやり、育てるような感覚の「プロジェクトファーム」。活動をはじめて10年間で生まれた10のプロジェクトには、どれも物語があります。この展覧会では、それぞれのプロジェクトから生まれた30点のプロダクトを物語とともに展示し、関連する約100点の商品を販売します。テンは、「10」であり、「点」であり、「展」であり、「店」です。プロダクトを「物語として読む展覧会」と「日用品として買う店」のふたつの形式で紹介します。デザインされたモノの背景にある物語を読み、実際に買って使ってみることで、「デザイン」がより身近なものになるとうれしいです。

●10プロジェクト
つくし文具店
http://www.tsu-ku-shi.net/

コド・モノ・コト
http://www.codomonocoto.jp/

かみの工作所
http://www.kaminokousakujo.jp/

テラダモケイ
http://www.teradamokei.jp/

てぬコレ
http://tenukore.com/

かみみの
http://www.kamimino.jp/

3120
http://3120mino.com/

ペプ
http://www.paper-products.net/

モノプリ
http://monopuri.jp/

カミプレ
http://www.kamiplay.jp/


主催:シュウヘンカ
   http://www.shuhenka.net/
企画・運営:萩原 修、吉川友紀子
グラフィック・会場デザイン:三星安澄
ウェブデザイン:榊原 彰



May.

05

[ はぎわらしゅう ]

8歳になったコド・モノ・コト

2013年5月5日 コド・モノ・コト8周年。

少しずつですが、確実に成長を続けていると思います。

1年を振り返ると、
昨年5月に神楽坂フラスコ、8月に弘前松ノ木荘で「こぐハウス」をオープン。
7月に世田谷の生活工房で「くらし・うるし・研究室ワークショップ」を開催。
9月には、立川ルミネであおぞらガーデンに出店。
10月は、新宿伊勢丹で「こといぬコトネコ展」を開催。
今年2月には、CCJクラフト見本市に参加し、
調布の森のテラスで、お話会「なぜワークショップ?」を実施。
などなど、充実した活動でした。

そして、今年は、
5月4日、5日と、立川ルミネのあおぞらガーデンに参加。
5月10日〜5月20日まで京都のメリーゴーランドで「絵本の風景展」を開催。
この展覧会は、7月に福岡、8月に弘前に巡回する予定です。
さらに、旭川の木工の人たちとあらたな取り組みもはじまっています。

昨年からこの活動が持続できるような仕組みづくりも模索をはじめていて、
情報発信や、拠点づくりについても検討しています。

まだまだ、伸び盛りのコド・モノ・コト。
バランスを崩さないように、着実に歩を進めていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

はぎわらしゅう




Sep.

03

[ はぎわらしゅう ]

7歳になったコド・モノ・コト

2005年5月5日にはじまったコド・モノ・コト

気がつくと7歳になっていました。                    

丸7年。どんなことがあったのかあんまり記憶にないのですが、
展覧会やらモノづくりやらワークショップやら販売やら
いろいろと経験を重ねてきました。
                         
運営メンバーは現在11名。これまで女性中心だったのが3人の男性 いしだかずひとさん、やまだかいちろうさん、みやうちけんじさんが加わって、いいバランスになりました。                
また、旭川や弘前など地方での活動も活発化してきました。
              
7歳になって、できる事も増えてきたコド・モノ・コト。今後もメーカーと連携したモノづくりや、気持ちの通じる場所での販売、さまざまなワークショップ、コドモといっしょの暮らしに関わる情報発信や、みんなが集まれる拠点づくりなどなど、いろいろと進めていく予定です。

これからもどうぞよろしくお願いします。

はぎわらしゅう

s__DSC0166.jpgのサムネール画像                                                                        



May.

06

[ はぎわらしゅう ]

コド・モノ・コト 6歳

2011年5月5日、コド・モノ・コトが6歳になりました。

この1年を振り返ると、「激動」という言葉を使いたくなります。

神楽坂フラフコで、5月に開催した「おやつどうぐてん」をきっかけに、
10月には新宿伊勢丹でパワーアップして開催。
その他、名古屋芸術大学で「おやつ」をテーマにしたワークショップや、
世田谷の生活工房でもワークショップひらきました。

なんだか「おやつ」三昧な一年でした。

コアメンバーも
ますだたみ、のぐちようこ、いそのりえ、よしたかあきこ、はぎわらしゅうに加えて、
おのりな、えんどうあや、よこすかゆきえの8名体制になりました。

よこすかさんを中心に、小金井支部の活動もはじまりました。

そして、活動に参加してくれる人も、どんどん増えていきました。

こぐの商品が、
原宿のアシストオンや、西武渋谷店などで買えるようになり、
常時、手にとってもらうことができるようになりました。

今年の5月5日には、
念願のコド・モノ・コトのオリジナル 
かぞくのうつわ「くーわん」の発売を開始。

メディアの取材や、メーカーからの相談も
いろいろなところからくるようになってきました。

今年1年が、さらに充実したものになるように、
こどもといっしょの暮らしをきちんと見つめながら、
地に足のついた活動として、育てていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いします。

はぎわらしゅう



Oct.

18

[ はぎわらしゅう ]

名古屋デザインウィークで「おやつどうぐてん」

名古屋芸術大学デザイン学部による「おやつどうぐてん」が名古屋デザインウィークにあわせて、ふたたび展示しています。会期は、10月24日まで。
http://www.n-dw2010.com/exhibition.html

今度の会場は、インテリアショップの「CONNECT」。それなりに売れてるみたいです。http://connect-m.jp/



バックナンバー

rss