ノート

トップ > ノート > いそのりえ

Jun.

11

[ いそのりえ ]

第4回モチヨリべんきょう会「ほにゅうびん」

今回のモチヨリべんきょう会は、ご縁あってちびファミLaboさんとの共催で
テーマは「ほにゅうびん」でした。

「ほにゅうびん」??
赤ちゃんを育てたことない人には、とても遠い存在道具のように聞こえます。
コド・モノ・コトのメンバーでさえ、日常的に扱ったことのある人は少ない。
どんな話になるのだろう?とドキドキしながら会場へ。

今回、参加者のみなさんに哺乳瓶を持ち寄っていただくことは難しいので、
「ドクターベッタ」を作っている(株)ズームティのみなさんにご協力いただき、
たくさん会場へサンプルをお持ちいただいてのべんきょう会です。
100610honyubin1.jpg
集まったのは
哺乳瓶をつくるズームティのみなさん
赤ちゃん用品のバイヤーの方
番組を作っている方
売り方を考えている方
店舗と地域の結びつきに取り組んでいる方
こどもカメラマン
デザイナー・・・など
の17名でした。
そして、この中にはパパやママでもある方もいっぱい。

まず、ちびファミLaboの中山さんより、哺乳瓶のリサーチについて。
市場の動向等の情報のほか、パパの育児参加についての話も聞きました。
100610honyubin2.jpg

それから、ズームティの河合社長より、ドクターベッタの開発のお話を伺いました。
100610honyubin3.jpg
このユニークなカタチの哺乳瓶には理由があります。
赤ちゃんを寝せたままミルクを飲ませると、「頭位性中耳炎」を起こしやすいのですが
ベッタの形状だと、上半身を起こして飲ませることができこれを防げます。
吸い口である乳首の形状も、赤ちゃんの飲むちからや噛むちからの発達との
関係からよく考えられています。
赤ちゃんの健康に大きく関わっている道具です。

参加者のみなさんからも哺乳瓶について話していただきました。
実は子育て経験のあるママも、完全母乳で育てた人が多かったのですが
自分で母乳をあげられないときに、哺乳瓶を使ったという経験はありました。
ちびファミLaboの調査からも、子育てで休日パパも35%参加するのは、
「ミルクを飲ませる」ことだそうです。

最初、赤ちゃんとママだけにしか関わりがないと思っていた「ほにゅうびん」ですが
実は、ママ以外の人たちが赤ちゃんとつながる道具だったのですね。

今回のべんきょう会、目から鱗が落ちました。

また、いつもコド・モノ・コトが関わっているところとはちょっと違うところで
こどものことを考えるお仕事をしている方々のお話しを聞くことができて
いいべんきょう会となりました。

みなさまどうもありがとうございました。

 + + +

実は、ちびファミLaboの中山さん、とは
「おやつどうぐてん」で「ぷちプチグラス」を出展している
なかやまりよさんでした。
なかやまさん、ありがとうございました。

 + + +

ちびファミLaboのサイトにて、さらに詳しくご紹介いただいています。
コチラをご覧ください。



May.

30

[ いそのりえ ]

コドモト 口号

コド・モノ・コトの小冊子「コドモト 口号(くちごう)」できました。
昨年5月の○号につづき、2冊目になります。
100528_コドモト2.jpg
「おやつどうぐてん」の搬入をしている会場に、届けられました。

みんな作業の手を止めて、しばしジーン・・・

100528_コドモト2フラスコ.jpg

今回のテーマは「はなす」「たべる」
家族のにぎやかな食卓がうかぶような、すてきな記事がたくさんです。

コドモト 口号は準備が整い次第、「こぐ」にて販売いたします。



Mar.

26

[ いそのりえ ]

第3回モチヨリべんきょう会:こどもと「あかり」

第3回モチヨリべんきょう会は「こどもとあかり」というテーマ。
照明器具メーカーマックスレイにご協力いただき、ショールームにて行いました。
100316_akari01.JPG
あかりを体験できるよう、今回は日が暮れてからの開始。
(夜でも、旗が立ってます・・・笑)

集まった人は、
 絵本作家さん
 中学校の美術の先生
 こどもカメラマン
 建築家
 デザイナー
 マックスレイの方々・・・
いままでで、一番多くて20名でした。

「あかり」をモチヨるのは、ちょっと大変。
ということで、今回は好きな「あかり」をプリントアウトしてもOKでしたが
現物を持ってきてくれた人もたくさんいます。
100316_nakamura.JPG
いつもこどもたちに読み聞かせをしているお父さんが持ってきたのは
こどもたちが自分でさわっても熱くない、まぶしすぎないあかり。
「持ち運べる」っていうのは、探検にも使えてワクワクしそうですね。

探検ごっこに使えるから、こどもたちは懐中電灯が好き。
と言っていたおかあさんもいました。
自分だけのあかり、という言葉も出てきました。

教育の現場から。
中学校の美術の先生が、生徒さんの作品を持ってきました。
100316_muroi.jpg
すごい迫力です。
毎年、照明を作る授業をしているそうですが
教材の光源を渡すと、歓声が上がるそう。
大きなこどもの中学生たちも、あかりには何かを感じるようです。

100316_akari02.jpg
あかりの記憶は、どの記憶も温かいものでした。
ろうそくのあかりは特にそうかもしれません。
ケーキのキャンドル、お祭りの提灯、キャンプのランタン・・・

あかりや光の記憶は、絵本の世界にもあります。
ひとの中にある、光を慈しむきもち。どうしてでしょうね?
100316_kobayashi.jpg

100316_akari03.jpg
光があれば、影がある。
あかりのおもしろさは、影のおもしろさでもあります。

そして、光は「色」でもあります。
小さな頃に体験したあかりの環境は、その後何か影響があるでしょうか?

今回はマックスレイの方にお願いして、白熱灯、蛍光灯、LED光源の
デモンストレーションをしていただきました。
100316_maxray.jpg
マックスレイの谷田さんがわかりやすいようにと
お手製の料理も用意してくださいました。
食べ物に光が当たると、その差をはっきりと感じます。
100316_bread.jpg
(上から、白熱光源、蛍光灯、LED)
みんなが食欲をそそると答えたのは、白熱光源でした。
(お料理は、もちろんどれもおいしかったです。ごちそうさまでした!)
どの光源も「電球色」ですが、見え方は歴然と差があります。
LEDなど昨今できたばかりの光源は、まだまだ開発途上なのかもしれません。
しかし、照明のプロであるマックスレイの方お聞きした、
「この業界に入るまで蛍光灯が嫌いだったけれど、知れば知るほど、
効率の良さなど優秀な光源だなと思うようになった」
というコトバも印象的でした。

 + + + +

ところで、どうして「寝てる間も電気つけてー」っていう子が多いんでしょうか?
寝る前のあかり、こどもにはどんなのがあったらいいんでしょうね?
やっぱり、安心できるあかりなんでしょうか?

今回のべんきょう会、みなさんのあかりにまつわるお話を
ひととおり聞いただけで、時間になってしまいました。
「あかり」というテーマは、もっともっといろいろなことを考えられそうです。
また、このテーマで話をする機会が持てたらいいなと思います。

+ + +

追記:

マックスレイの谷田さんによる
「こどもとあかり」モチヨリべんきょう会のレポートが
AXISjikuにアップされました!
< 照明目線のコラムです。>とのことです!
ぜひご覧ください!
http://www.axisjiku.com/jp/tomosu/



Mar.

25

[ etc... ][ いそのりえ ][ 掲載雑誌・web ]

第2回コチョ研:赤ちゃんの「好き!」を考えよう。

赤ちゃんと大人の間にあるモノ・コトを考えながら、丁寧なものづくりを目指して昨年末にスタートした「baby life」と「コド・モノ・コト」の共同プロジェクト「コチョコチョ研究所」。その2回目の研究会として、赤ちゃんの好きなものを求めて「東京おもちゃ美術館」を訪ねました。

cocho2_babylife13.jpg

取材させて頂いたおもちゃコンサルタントの石井今日子さんに「おもちゃは赤ちゃんと周りのオトナが仲良くなれる道具」とお聞きました。コチョ研がめざしていたところと重なって、大いに勇気づけられます。

今回は、デザイナーの最初のアイデアについて、打合せの様子と検討プロトタイプがちょこっと載っております。



Feb.

09

[ いそのりえ ]

こんどは「あかり」のべんきょう会です

こんにちは。

これで3回目となる「モチヨリべんきょう会」のお知らせです。

テーマは「あかり」。

こどものころ、暗いところがこわくありませんでしたか?
夕方の帰り道、ウチのあかりを見つけるとホッとしたり。
「こどもとあかり」、どんな関係があるのでしょうか?
あかりについて「ああだ、こうだ」と話しながら、
こどもと一緒の「あかり」について考えましょう。

今回は、照明器具メーカーの「マックスレイ」におじゃまして、
実際のあかりをいろいろ体験しながら考えてみたいと思います。

詳細についてはイベントページをご覧ください。

○過去の「モチヨリべんきょう会」はコチラ
第2回「時計」
第1回「コップ」



バックナンバー

rss