ノート

トップ > ノート > ますだたみ

Aug.

20

[ ますだたみ ]

08夏こぐ作品紹介・4

Tenugui1

コド・モノ・コト オリジナルてぬぐいを作りました。

汗をふいたり
手をふいたり
ごはんのときに首にまいたり
がんばるときに頭にまいたり

おべんとうをつつんだり
すいとうをつつんだり
ものをつつんではこんだり

テーブルセンターにつかってみたり
2つにわけて ランチョンマットにつかってみたり

Tenugui2

あっちがわ と こっちがわ
りょうがわから景色がかわるてぬぐいです。
いろいろたのしくつかってみてください。

くたくたになって色あせてきたら
今度はおそうじで大活躍。
ぞうきんにしたり、こまかく切りこみを入れてはたきにしたりして
むかしのひとが、
ゆかた>>てぬぐい>>ふきん>>ぞうきん>>はたき
とつかっていたように
コド・モノ・コトてぬぐいもくらしのなかでカタチをかえながら
すえながーくつかっていただけたらうれしいです。

*8/23-24 こどものどうぐの店「こぐ」にて販売します!



Aug.

19

[ ますだたみ ]

08夏こぐ作品紹介・3

はじめて「こぐ」に出展をお願いした
MWC.WORKSHOPの小林裕爾さん・恵美子さん。
http://www.mwcworkshop.com

メープル、ウォールナット、チェリー材をつかって、
家具やテーブルウェアを長野の工房で作り続けていらっしゃいます。
ご主人裕爾さんが製作し、恵美子さんがWEBショップ担当。
HPやブログのやさしく丁寧な雰囲気そのままに、
丁寧なモノづくりは、丁寧なくらしに支えられるんだな、
と感じられるようなMWC.WORKSHOPさんです。

今回は、数点のテーブルウェアの出展をお願いしました。

0808191_003

■ファインプレート Sサイズ
■オーバルスプーン
■スモールスプーン
  (ファインプレート Sサイズと合わせた際のバランスを考慮して立体的に成形されています。用途としてはこどもはもちろん、大人がデザートなどを食べる際にも使いやすいです。)

■ここべら
  (漢字に変換すると「個々べら」「小子べら」...。小林家での使い方などを教えていただきました。
  『我が家ではよくテーブルの真ん中に酢飯のはいったおひつを置いて家族で手巻き寿司を楽しむのですが、しゃもじが1本ですと毎回のように姉弟ケンカになります。そんな時、おのおのが小さなしゃもじを持てば...という発想からできたアイテムです。また小さく扱いやすいのでうちの娘は餃子の餡を詰める際にも使いますし、大人でもお菓子作り等いろいろな使い方ができるのではないかと思っています。』
  数種類のジャムやパテを大勢で楽しむ際にもよさそうですね。)



Aug.

19

[ ますだたみ ]

08夏こぐ作品紹介・2

■風鈴 TSUBOMI
デザイン:大治将典
製作:能作

富山の鋳物の技術で作られた真鋳の風鈴。
愛らしい姿で、ここちよい風を知らせてくれそうです。

0808191_001


鋳物の風鈴はこの他にも
■TANPOPO デザイン:大治将典
■おうち デザイン:五十嵐久枝



Aug.

19

[ ますだたみ ]

08夏こぐ作品紹介・1

「こぐ」に並ぶ作品たちが続々と届いています。
一部をWEB上でご紹介しますね。

DMにのぐちようこさんがかいてくれたイラストから。。。

■[小さい椅子]
http://www.chiisaiisu.com/
4人の作家(柴崎智香・小沼智靖・石堂 伸・橋本 裕)が
「小さい椅子」という活動をしています。

こども椅子ではなく、
おとなもつかえる小さい椅子。
こどもサイズでおとなも座れる椅子。
こどもも大人も楽しめる椅子。
こども達は椅子、踏み台、遊び道具として使い、
おとなはちょっとしたときの腰掛けや飾り台として楽しめる椅子。

小さいけれど、素材を吟味して
永く使える家具としてのつくりをしっかりとおさえて
丁寧に作られています。

Kinoisu

●木の椅子
小さい椅子デザイナー4名の共作
価格:¥48,300  (税込み)
サイズ:W28×D29×H47×SH25cm
材:タモ

基本の形、飽きない形を小さい椅子として仕上げました。使うほどに味わいが増す、10年20年後が楽しみな1脚。昔ながらのスタイルで丁寧に作られています。


Chokochoko

●チョコチョコ25
小さい椅子デザイナー4名の共作
価格:¥28,350  (税込み)
サイズ:W34×D25×H25cm
材:トチ、ステンレス

低い椅子の座り心地をお試しください。意外に楽なんですよ。リビング以外に玄関先で靴を履くときに、ちょっと便利な踏み台に・・どこにでも、ちょこっと置いて使えます。

●チョコチョコ40
小さい椅子デザイナー4名の共作
価格:¥28,350  (税込み)
サイズ:W28×D28×H40cm
材:トチ、ステンレス

ステンレスパイプに厚さのある木の座を組み合わせました。ダイニング、キッチン、事務所、ガレージに・・どこにでも、ちょこっと置いて使えます。



Aug.

18

[ ますだたみ ]

アトリエ界隈

「こぐ」も今回で3回目。

コド・モノ・コトアトリエのある
東京の田舎ってよばれるこの地域のこと、
ちょこっとご紹介してみます。。


●さくら通り
「08春こぐ」の時は満開の桜でしたね。
樹齢20年を超える桜の並木道。
最初はひょろひょろだった桜の木たち
すっかり大木になりました。
080325sakura_008_3


でも舗装された道路と歩道の間で、
根をはれていないのか・・・
今年の春の大風の日に、
一本が倒れてしまいました。

080421_1158_001_2


コド・モノ・コトアトリエの庭に
桜吹雪をふらせてくれていた木が逝ってしまいました。
かなしい。。。
倒れた理由は根が傷んでいたことと、
ウチの庭とマリンハイツ富士見台の建物の位置が
ちょうどさえぎるものがなく東から西へ
風の直撃をうけたから、という噂。
負け惜しみで言いますと、
見晴らしがよくなって西空の夕焼けがよくみえるようになりました。


●鷺宮八幡神社 御祭礼
今年もちょうど「夏こぐ」と同じ日にちです。
お神輿がさくら通りを通ります。
23日(土)午前中 こども神輿。
24日(日)は オトナのお神輿。
毎年8月末にこのお神輿がウチの前を通ると、
夏休みもおわりだなぁと思ったものです。

お世話になっている近所の畳屋の若旦那が、
北鷺町内会神輿の運行隊長です。
『金曜からお祭り準備なんでそれまでに終らせるように仕事組んでるんです』と、祭り中心に動いてるかたがこの地域にいらっしゃってびっくり。
『神輿かつぎたかったらハッピを用意しますよ!』
こぐがなかったら行ってみたいところです。
お囃子は、ちゃんと通年練習してる上鷺宮小学校のこどもたち。
即席お囃子チームじゃないんだね。
お祭りのみなさん、
お神輿終ったらCoguChayaにお茶しにきてくださいね。


●上鷺宮小学校
「♪おはようさん あらカタツムリ~ るんるんるるんるん♪」
っていう校歌が衝撃的な中野区立の普通の小学校。
近所でも有名なこの校歌、
私が通ってたのはこの小学校じゃないんですが、
私が小学生だった頃は、ナンジャこの歌?ハズカシーって思っていました。
でも、1番しか歌えないけどいまだに時々この校歌が頭の中で鳴ってます。
歌詞も曲もやさしくて、童謡のように永く心にのこります。
近所を登下校している小学生をみると、
みんなこの校歌うたってるのかなーとほほえましく思います。
(下のURLで聴けます。上鷺宮小学校のHPより)
http://homepage3.nifty.com/nk-kamisagi-e/KOUKA.HTM


●おいしいところ
【カレー】香菜軒(こうさいけん)
ご夫婦でやってらっしゃる小さなお店の
こだわり良質食材をつかったおいしいカレー屋さん。
カレー以外のお料理もあります。
ワインもオーガニック。
富士見銀座通りの1本練馬高野台寄りの通り。
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/814/


【四川料理】源烹輪(げんぽうりん)
パンチの効いた中華料理の店。
いつもシャンソンが流れています。
マーボー豆腐はこれでもかっ!てくらいの唐辛子が入っています。
富士見銀座通り中程。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13005640/
駅の北側には支店もあり。
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13030900/

●練馬区立美術館
こども対象のワークショップにも力をいれている美術館。
「木のぬくもりとあそびの中から生まれた形たち展
-春日明夫トイ・コレクションと現代作家の作品による-」
2008年8/2-8/31まで
中村橋駅北側。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/museum/tenji/2008toy.html
図書館も隣接しています。

●自然
上鷺宮小学校のほうで夕方の空を見上げると
ひらひらくるくる飛び回っているのが見えます。
黒い小さなコウモリたち。
先日窓から入ったのか部屋の中にいて外へ逃がすのに大変でした。
姉が網で捕まえたら、ねずみみたいな顔で『きぃっ』って鳴いたって。

タヌキのように太ったブチ猫がよく出没します。
ヤツはこちらを面倒くさそうに睨んでゆっくりと去っていきます。
おどかしたりすると、嫌がらせで翌日芝生にブリッと。
いやな臭いのする塊りをしていきます。

本物のタヌキを今年初めてみました。
太った猫ではありませんでした。
いったいどこに住んでいるのでしょう、
その時以来見かけません。

おとなりの家で飼っている鶏(ウコッケイ)や、あひるたち。
いつも元気に啼いていますョ。
あひるの名前はみどりちゃんっていうんだって。

・・・この界隈の、
のほほんとした雰囲気が伝わったでしょうか。

写真はいづれアップしていきます。。。
(マスダ)



バックナンバー

rss