ノート

トップ > ノート > ますだたみ

Aug.

25

[ ますだたみ ]

ご来店ありがとうございました

こどものどうぐの店「こぐ」2008夏は
2日間の日程を終了いたしました。

雨の中ご来店いただいたみなさま
ありがとうございました。

出展にご協力いただいた
クリエーター、メーカーのみなさま、
ありがとうございました。


「こぐ」がきっかけで、
ひととひとがつながっていくのが感じられるのは、
とてもうれしいことです。

つながりが増えていくことが、
「こども」と「おとな」をとりまく
よりよいモノやコトってなんだろう?って
みんなで考えることにつながるといいなと思います。
そのこたえはひとつじゃなく無限にあるハズなので。。。

(ますだ)



Aug.

21

[ ますだたみ ]

08夏こぐ作品紹介・5

秋田杉のまげわっぱ「まげわ」をご紹介します。
http://www.magewa.jp
曲げわっぱの伝統的な製法を活かしながら、現代の生活に寄り添うように工夫を加えて作られた曲げわっぱです。

080821_051_2
■パン皿(大)
■パン皿(小)
■バターケース

デザイナー大治将典さんと、曲げわっぱ職人の柴田昌正さんが知り合ったことがきっかけで『マゲワ』という名前で商品開発を一緒に始めることになりました。

大治さんは、以前から曲げわっぱに興味がありその特性を活かしたものがつくりたいなーと思っていて、
柴田昌正さんは、もっと色んな人に曲げわっぱを使ってもらいたいという思いがあったそうです。


毎日使っている大治さんに、そのよさなどを聞いてみました。

Q.「パン皿はどうして楕円にしたの?」
A.「トーストを半分に切った大きさがのるのが小、まるまる一枚がのるのが大です。テーブルに沢山並べたときも収まりが良いように、また色んな使われ方ができるようなサイズ感になっています。曲げわっぱらしくふっくらとした優しくおおらかで気持ちの良い楕円の形にしたいと思いました。」
杉の木肌がトーストの蒸気を適度に吸ってくれるので、パンがぱりぱりおいしく食べられます。

Q.「バターケースはつかってみてどうですか?」
A.「使っていくうちにオイル仕上げになるのはとっても愛着が湧きます。
雪深い秋田で育った秋田杉は冷蔵庫の寒さにも強く、また空気をたっぷり含んだ木質は断熱効果があるのでバターが堅くなりすぎません。杉で出来たバターナイフもとっても使いやすいですよ。」

杉のかおりがふんわりするのも、いいですね。



Aug.

20

[ ますだたみ ]

08夏こぐ作品紹介・4

Tenugui1

コド・モノ・コト オリジナルてぬぐいを作りました。

汗をふいたり
手をふいたり
ごはんのときに首にまいたり
がんばるときに頭にまいたり

おべんとうをつつんだり
すいとうをつつんだり
ものをつつんではこんだり

テーブルセンターにつかってみたり
2つにわけて ランチョンマットにつかってみたり

Tenugui2

あっちがわ と こっちがわ
りょうがわから景色がかわるてぬぐいです。
いろいろたのしくつかってみてください。

くたくたになって色あせてきたら
今度はおそうじで大活躍。
ぞうきんにしたり、こまかく切りこみを入れてはたきにしたりして
むかしのひとが、
ゆかた>>てぬぐい>>ふきん>>ぞうきん>>はたき
とつかっていたように
コド・モノ・コトてぬぐいもくらしのなかでカタチをかえながら
すえながーくつかっていただけたらうれしいです。

*8/23-24 こどものどうぐの店「こぐ」にて販売します!



Aug.

19

[ ますだたみ ]

08夏こぐ作品紹介・3

はじめて「こぐ」に出展をお願いした
MWC.WORKSHOPの小林裕爾さん・恵美子さん。
http://www.mwcworkshop.com

メープル、ウォールナット、チェリー材をつかって、
家具やテーブルウェアを長野の工房で作り続けていらっしゃいます。
ご主人裕爾さんが製作し、恵美子さんがWEBショップ担当。
HPやブログのやさしく丁寧な雰囲気そのままに、
丁寧なモノづくりは、丁寧なくらしに支えられるんだな、
と感じられるようなMWC.WORKSHOPさんです。

今回は、数点のテーブルウェアの出展をお願いしました。

0808191_003

■ファインプレート Sサイズ
■オーバルスプーン
■スモールスプーン
  (ファインプレート Sサイズと合わせた際のバランスを考慮して立体的に成形されています。用途としてはこどもはもちろん、大人がデザートなどを食べる際にも使いやすいです。)

■ここべら
  (漢字に変換すると「個々べら」「小子べら」...。小林家での使い方などを教えていただきました。
  『我が家ではよくテーブルの真ん中に酢飯のはいったおひつを置いて家族で手巻き寿司を楽しむのですが、しゃもじが1本ですと毎回のように姉弟ケンカになります。そんな時、おのおのが小さなしゃもじを持てば...という発想からできたアイテムです。また小さく扱いやすいのでうちの娘は餃子の餡を詰める際にも使いますし、大人でもお菓子作り等いろいろな使い方ができるのではないかと思っています。』
  数種類のジャムやパテを大勢で楽しむ際にもよさそうですね。)



Aug.

19

[ ますだたみ ]

08夏こぐ作品紹介・2

■風鈴 TSUBOMI
デザイン:大治将典
製作:能作

富山の鋳物の技術で作られた真鋳の風鈴。
愛らしい姿で、ここちよい風を知らせてくれそうです。

0808191_001


鋳物の風鈴はこの他にも
■TANPOPO デザイン:大治将典
■おうち デザイン:五十嵐久枝



バックナンバー

rss