ノート

トップ > ノート > ますだたみ

Feb.

04

[ ますだたみ ]

開催報告

2月2日(土)
国立本店で開催中の「コドモの記憶展」関連イベントとして
「ふうとう+カードをつくろ」を開催しました。

080202ws_047

午前も午後も
定員いっぱいの親子がきてくれました。

080202ws_011  080202ws_019


080202ws_056

R0012215_2

R0012216

(ますだ)


Jan.

28

[ ますだたみ ]

「ふうとう+カードをつくろ」ワークショップ

●親子ワークショップ「ふうとう+カードをつくろ」

日にち : 2月2日(土)
時間  : ①11:00~12:30  ②14:00~15:30
対象  : 親子(5才以上)ペア(こどもさんが複数人になる場合は1人につき+500円)
参加費 : 1000円
申込み : コド・モノ・コトか、国立本店へ要申込み

会場:国立本店 (JR国立駅から徒歩5分)
東京都国立市中1-7-62
042-575-9428
http://honten.chub.jp/

協力 : 福永紙工株式会社
      株式会社中川ケミカル

萩原修さん著書の本「こどものどうぐばこ」の、
出版記念展示会会場でのワークショップ。


定員になりましたので、申込みを締切ました。(1/30ますだ)



Jan.

07

[ ますだたみ ]

ごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

2008年にもまた展覧会やワークショップをたくさん企画しております。
詳細が決定しましたら、ご案内をさせていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。

+ + +

2007年の最後の活動はこちらでした。

071222_2

2007年12月22日、東北芸術工科大学にて行なわれました
日本デザイン学会第一支部 支部大会:テーマ「子どもとデザイン」に、
山形大学の斎藤学氏より、ご招待して頂きまして、
コド・モノ・コト 萩原修が、パネリストとして参加致しました。

<デザイン教育ワークショップ>
小学生対象としたデザイン教育のワークショップを
学生さん達が企画立案して実施している様子を
見学させて頂きました。

<シンポジウム:デザインの初等教育を考える>
童具館館長:和久洋三氏の講演に続き
パネリストの方達のパネルディスカッション
を聴かせて頂きました。



Dec.

21

[ ますだたみ ]

『コドモのどうぐばこ』

萩原修さんの本が出版されました。

Kodomonodougubako

『コドモのどうぐばこ』 著者 萩原修
オレンジページ刊
価格:¥ 1,575(税込)

すてきなイラストはのぐちようこさん。
装丁はsignさんです。

「コド・モノ・コト」から生まれた日用品のことや、
ご自身がこどもだった頃の生活環境、
子育てエピソードなどが、
萩原さん独特の語り口で綴られています。

コド・モノ・コトにかかわりのあるクリエーターさんや、
ワークショップもたくさん登場します。

もし本屋さんでみかけましたら、ぜひ手にとってみてください。



Dec.

14

[ ますだたみ ]

作品

「親子でグリーティングカードをつくろう」の
ワークショップに参加した親子の作品の一部です。

カードは小2の女の子作。
封筒はおかあさん作。

2007_1209ws0075

2007_1209ws0076



バックナンバー

rss