ノート

トップ > ノート > ますだたみ

May.

13

[ ますだたみ ]

コド・モノ・コト の コレカラノコト

◎ショップ
コド・モノ・コトがプロデュースする、
こどものどうぐの店「cogu」(こぐ)
が2日間だけオープンします。

8月25日(土)、26日(日)11:00 → 18:00
場所: コド・モノ・コト アトリエ
東京都中野区上鷺宮 3-6-16 tel & fax: 03-5241-1504
*西武池袋線 富士見台駅から徒歩10分


◎ワークショップ
「デザインのじかん」第二期や、単発のワークショップなどを
予定しています。 また、気軽に参加できるお試し会も開催予定です。

詳細決まり次第、またお知らせいたします。

(ますだ)



Apr.

22

[ ますだたみ ]

輪島・生き残った縁起物市

3月の能登半島地震では
漆器の産地である輪島に大きな被害がありました。

コド・モノ・コトの漆塗りのさじ
製作・プロデュースしてくださった
輪島・キリモトさんは、
負傷者は出なかったものの、
機械や倉庫、在庫などに大きな被害があり
痛手をうけています。

そんな中、
実用に問題ない状態で生き残った品物や
倉庫に眠っていた在庫を集め、販売する
復興のお手伝い企画がたちあがりました。

コド・モノ・コトの漆塗りのさじは、
輪島・キリモトさんなくては産まれていませんでした。
少しでもお役にたちたいと思い、
下の企画についてお知らせいたします。

品質が良く、丈夫な輪島の漆器は、
一度つかうと毎日食卓に登場させたくなるウツワです。

こどもたちに、品質の良い安全なものをと
お考えの方には是非一度手にとってみていただきたいと思います。
この機会にぜひ、ご来場ください。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

輪島の漆器復興企画
輪島・生き残った縁起物市

3月25日、漆器の産地である輪島は突然の地震で
甚大な被害を受けました。倒壊する家屋、転倒した家具や棚。
もちろん、出荷するはずだった漆器たちも。

そんな中、実用に問題ない状態で生き残った品物や
倉庫に眠っていた在庫を集め、販売することで
復興のお手伝いになればと思います。

いつか漆器を使ってみたいと思っていた方、この機会に
ぜひ、ご来場ください。


会期 5月10日木曜日 12:00から19:00まで
    5月11日金曜日 12:00から19:00まで
    5月12日土曜日 12:00から17:00まで

出展 桐本木工所他

*今回の販売はクレジットカードが使えません

会場
ギャラリー + クック・ラボ como
〒107-0062 東京都港区南青山4-7-7
Tel 03-3470-0019(会期中のみ)
地下鉄外苑前駅より徒歩7分
地下鉄表参道駅より徒歩12分

企画 輪島の漆器復興有志一同
担当 日野明子 T/F(03)3752-6459
nikkori@green.an.egg.or.jp

(ますだ)



Apr.

09

[ ますだたみ ]

コド・モノ・コト・おたのしみ会 「こうえんでみんなであそぼう」

■コド・モノ・コト・おたのしみ会 「こうえんでみんなであそぼう」

きゅーぐー展の関連イベントを井の頭公園でひらきます!

小さいこどもも、大きいこどもも、おとなも一緒に遊びます。ピクニック気分でぜひいらしてください。 (要申込み)


【遊びの例】
風船あそび、縄あそび、レース、葉っぱあそび、紙飛行機ゲーム、などなどを用意しています。みんなで身体を動かしてあそびましょう。保護者のかたもふるってご参加ください。
※参加申込みされた方の顔ぶれ、こどもたちの年齢によってどの遊びをするか決めます。
※3歳以下の小さなこどもと、3歳以上のおおきなこどもは別なあそびになります。


【日にち】  2007年 5月5日(土・こどもの日)  5月6日(日)  雨天中止


【時間】  各日  1回目[11:00 - 12:00]   2回目[14:00 - 15:00]
※15分前にお集まりください。


【対象】  こども ・ おとな
※3歳以下のお子さまは保護者と参加してください。


【参加費】  1人300円 (保険料込)
※当日集めます。


【服装】  動きやすいくつ、服装。


【持ち物】 外遊びやピクニックに必要なものを各自ご用意ください。(飲物、帽子、汗拭きタオル、ビニールシートなど)
※授乳スペースなど、特別なご用意はしておりません。
※ゴミは各自お持ち帰りお願いします。


【場所】  井の頭恩賜公園 三角広場
井の頭恩賜公園渋谷寄りの端。「夕焼け橋」近く。コド・モノ・コト・オレンジの旗が目印。

JR、京王井の頭線『吉祥寺駅』から徒歩約10分。
京王井の頭線 『井の頭公園駅』下車 徒歩2分。改札をでて右へ。小さな川沿いを渋谷方向へ。
地図 : http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/seibuk/inokashira/annai.html


<イベント・企画運営>
こばやしみき ・ しまむらみさと ・ ますだたみ
(コド・モノ・コト・ワークショップ係)


【申込み】
・参加日 / 参加回 ( 1回目か2回目のどちらか )
・参加全員の名前(ふりがな)/年齢/性別/連絡先(住所、電話番号、ファックス、メール)
を明記の上、以下へ。


コド・モノ・コト・ジムキョク ますだたみ
〒165-0031 東京都中野区上鷺宮 3-6-16
tel & fax: 03-5241-1504
mail@codomonocoto.jp

★ コド・モノ・コト・おたのしみ会はボランティアスタッフを募集しています。詳細はジムキョクへお問合せください。

(ますだ)


Apr.

01

[ ますだたみ ]

こどもとすごす休日の道具『きゅーぐー展』

Dm_a

オモテ | ウラ  

こどもとすごす休日の道具『きゅーぐー展』

こどもといっしょに休日をすごしていますか?
休日は、こどももおとなも楽しめる自由なひととき。公園で遊んだり、家でゲームをしたり、ゆっくり食事をしたり、読書や、昼寝もいいかも。

この展覧会では、「こどもとすごす休日」をテーマに、デザイナーや造形作家など15人のクリエーターがモノやコトの提案を試みます。それぞれが、自分のこどもの頃を思い出しながら、あるいは、自分のこどもとすごす休日を思い浮かべながら、あれこれ考えました。

展覧会の会期は、5月5日のこどもの日をはさんで、5日間。ゴールデンウィークの真最中。5日、6日は、吉祥寺の公園を使った楽しいイベントをおこないます。「こどもとすごす休日」について、考えはじめるきっかけになれば幸いです。


■展示内容

それぞれのクリエーターが思い描く「こどもとすごす休日」。
それは、ピクニックだったり、キッチンでの料理づくりだったり、手をつないでのお出かけだったり、リビングで本を読んだり、昼寝だったり、ゲームだったり、そんな休日を盛り上げる道具の提案です。具体的には、キッチンツール、バック、クッション、パーテーション、スツール、箱、ピクニックシート、ゲーム、などなどを予定しています。実際に手にとって試したり、買えるものもあります。他では見ることのできないできたてほやほやの提案をご覧いただけるとうれしいです。

また、昨年から今年にかけて、全6回おこなった、小学2年生が楽しくデザインの入口を体験する『デザインのじかん −いろ・かたち・そざい−』ワークショップの内容についても展示をおこないます。あわせてご覧ください。

会期中は、クリエーターが順番で会場にいます。
来てくれた人と話ができることを楽しみにしています。


■会期

2007年5月3日(木・祝) - 5月7日(月) の5日間
11:00 - 19:00 (最終日17:00まで)
オープニングパーティー / 5月2日(水) 18:00 - 20:00


■会場

モノギャラリー
〒180-0004 東京都武蔵野市吉祥寺本町 2-15-1-2階
tel & fax: 0422-22-8812
http://www.monogallery.com


■参加者

石堂伸、磯野梨影、小野里奈、上林壮一郎、小沼智靖、こばやしみき、
小松陽佳留、ナカハラマキ、のぐちようこ、橋本裕、福井哲平、藤田寿伸、
ますだたみ、三浦秀彦、横須賀雪枝


■主催

きゅーぐー展実行委員会
企画プロデュース/萩原修
会場デザイン/福井哲平
グラフィック・ウェブ/のぐちようこ
イベント/ますだたみ、こばやしみき
広報/磯野梨影
事務局/ますだたみ


■イベント

5月5日(土・こどもの日)  5月6日(日)
コド・モノ・コト・おたのしみ会 「こうえんでみんなであそぼう」


■お問い合わせ

コド・モノ・コト・ジムキョク
〒165-0031 東京都中野区上鷺宮 3-6-16
tel & fax: 03-5241-1504
mail@codomonocoto.jp
http://www.codomonocoto.jp



Apr.

01

[ ますだたみ ]

参加クリエーター紹介

コド・モノ・コトには、さまざまなクリエーターが参加しています。

2007年4月1日現在までに参加されたクリエーターをご紹介いたします。
*web/blogをお持ちの方はリンクしております。

◎参加クリエーター

安藤元(あんどうげん)木工・家具製造
石堂伸(いしどうしん)木工
磯野梨影(いそのりえ)プロダクトデザイナー
大治幸子(おおじさちこ)保育士
大治将典(おおじまさのり)デザイナー
小野里奈(おのりな)デザイナー
上林壮一郎(かんばやしそういちろう)デザイナー
小沼智靖(こぬまともやす)くらしモノ作家
こばやしみき ワークショップ係
小松陽佳留(こまつひかる)デザイナー・パタンナー
柴崎智香(しばざきともか)金属造形家
しまむらみさと デザイナー・ワークショップ係
須藤拓也(すどうたくや)陶芸家
澄川伸一(すみかわ しんいち)プロダクトデザイナー
セトキョウコ鞄作家・カフェ企画
ナカハラマキ磁器作家
のぐちようこデザイナー
萩原修(はぎわらしゅう)デザインディレクター
橋本裕(はしもとゆたか)小さい椅子デザイナー
福井哲平(ふくいてっぺい)デザイナー・建築家
藤田寿伸(ふじたひさのぶ)プロダクトデザイナー
ますだたみワークショップ係
コド・モノ・コト・ジムキョク
マスミツケンタロウ造形作家
三浦秀彦(みうらひでひこ)デザイナー
村澤一晃(むらさわかずてる)デザイナー
横須賀雪枝(よこすかゆきえ)二児の母


◎設立メンバー/2005.05.05

萩原修(はぎわらしゅう)デザインディレクター
ますだたみワークショップ係
コド・モノ・コト・ジムキョク
マスミツケンタロウ造形作家
セトキョウコ鞄作家、カフェ企画
大治将典(おおじまさのり)デザイナー
大治幸子(おおじさちこ)保育士
相思くん(そうしくん)こども


◎運営メンバー/2007.04.01現在、以下の4名にて運営しております。

萩原修(はぎわらしゅう)デザインディレクター
ますだたみワークショップ係
コド・モノ・コト・ジムキョク
磯野梨影(いそのりえ)プロダクトデザイナー
のぐちようこデザイナー

お問い合わせは、コド・モノ・コト・ジムキョクへ。

*CodomonoCotoロゴデザイン:大治将典(おおじまさのり)



バックナンバー

rss