ノート

トップ > ノート > ますだたみ

May.

17

[ ますだたみ ]

うるし塗りのスプーン・追記

【うるし塗りのスプーン】
朴(ほお)を刳って作った木地に、漆で仕上げたさじです。
おとながこどもに離乳食を食べさせやすいように、
指のかかる部分に厚みを持たせています。
また、こどもが持ちやすいように、柄の部分が弧を描いています。

蒔地(技法)は、輪島で産出される珪藻土(けいそうど)を
焼成粉末にした「地の粉」と漆をかけ合わせた漆塗りで、
表面硬度が高くキズがつきにくい仕上がりです。

木地呂塗は、透明度の高い漆を塗り重ねた技法で、
使い込むほどに木の質感と漆塗膜の奥行きが美しく深くなります。
おとなのデザートスプーンとしてもどうぞ。

蒔地( 黒 )・・・・・・11500円
蒔地(ベンガラ)・・・・11500円
木地呂塗・・・・・・・・・10500円


★販売に関して・・・
実物を見て、触って購入されるかどうかを決めていただきたいと
思い「コド・モノ・コト」で販売できるよう現在準備中です。



May.

12

[ ますだたみ ]

うるし塗りのスプーン

4a3941f6s「おとなが赤ちゃんの口に食べ物を運んであげる時期〜
初めて自分で道具を使って食べる時期」
のスプーンです。

輪島塗で丁寧に仕上げられています。

デザイン:増田多未
製造プロデュース:桐本泰一(桐本木工所)


あかちゃんの食事は、最初ミルクなどの液状のものから
だんだん固形物の離乳食へと移行します。
手が発達してくるとおとなからスプーンを奪って
自分のちからで食べ始めるようになるでしょう。

視覚などがまだ未発達なあかちゃんは、
興味のあるものには手をのばし口に運ぶことで
「モノ」を確かめようとします。

感覚の敏感な時代にこそ、使い心地のよいモノを
与えてあげたいと思うのです。

でも、
おとながこのスプーンを使ってもよいですヨ。

表面を覆っている漆は、木を保護し丈夫に保つ役割があり
口当たりがやさしくなめらかです。

ご使用方法:
電子レンジや食器洗機はご使用にならないでください。
やわらかいスポンジで洗ってください。
普通の食器と同じく中性洗剤もご使用になれます。

---
赤ちゃんが漆でカブレるのでは?と心配されることが多いですが、、、。
漆は液体から固体へと乾燥する時にでる成分がかぶれをひきおこす原因です。
完全に乾いたものではカブレることはほとんどありません。


May.

11

[ ますだたみ ]

コド・モノ・コト : 具体的な活動について

◎ワークショップ
日常に根ざしたモノ・コトをテーマにおとなからこどもまでを対象にしたワークショップを企画、開催します。

◎イベント
こどもの暮らしのモノ・コトをテーマに企画展や展示販売などを開催します。



May.

02

[ ますだたみ ]

『おはしをつくろう』こどもワークショップ

89e20968○まえおき
日々の暮らしの中にあって、
ふだんはあまり気にとめない存在のものたちに視点をあててみます。

暮らしの中のものを「作る」ことを考えるには、
「使う」という日々何気なくしている行為を
ほり下げてみることが大切だと考えます。

何でできてるのかな?
どうやってつくってるのかな?
どうしてこんな形なんだろう?
どうやって使うんだろう?
どうして使ってるんだろう?
いつから使ってるんだろう?

そんなソボクな疑問を持ちながら、
身近にあるものをあらためて見直してみると、
ふだんは気がつかない何かが見えてくると思うのです。

『おはしをつくろう』ワークショップでは、
普段何気なくしている行為を振り返るための
仕掛けやステップを用意し、そのあとでモノを
実際に作ることを体験します。
そこではきっと、使えるものを自分で作れるという嬉しさや、
思っている通りにすぐには作ることができないもどかしさなどを
感じながらの体験となるでしょう。

今すぐに完璧なものができなくても、
ひとつの体験が、次に何かをするときに役に立ってくれることを願って、
考えるプロセスや、手順、そのとき感じたことを
大切にするワークショップを開催します。


●内容
食事のときあたりまえのように使っている2本の棒「はし」は、
日本人にかかすことのできないくらしの道具です。
日ごろは気にかけないかもしれない「はし」の文化や、
手と「はし」の大きさの関係やデザインについてを、
見たり、聞いたり、持ったり、食べたり、はかったりしながら、
一緒につくってみませんか?

企画/ マスダタミ(CodomonoCoto)


●詳細

実施日/ 2005年6月26日(日)AM11:00〜PM5:00

対象/ 小学3年生〜6年生

募集人数/ 6人

参加費/ 4,000円 (材料費込み、昼食付)※食物アレルギーのある方は申し込み時にお申し出ください

場所/ 東京都中野区上鷺宮3-6-16 コド・モノ・コト (西武池袋線 富士見台駅より徒歩5分)

申込先/ TEL/FAX 03-5241-1504   e‐mail : mail@codomonocoto.jp
申込方法/ 参加者名(学年)、保護者名、住所、連絡先(TEL,FAX,e‐mail)を明記の上、申込先(増田宛)までお申込みください。


May.

02

[ ますだたみ ]

うるし塗りのさじ、完成速報!

28219bb3うるし塗りのさじがたった今完成したと、製作をお願いした輪島キリモトの桐本泰一さんから写真がとどきました!

すばらしいお姿です。

良いモノを、当たり前に、
オトナもコドモも使っていく日常の生活。

たくさんの人に伝えたいです。



バックナンバー

rss