ノート

トップ > ノート > 「エホン・ミホン・テホン展」はじまりました!

May.

01

[ のぐちようこ ]

「エホン・ミホン・テホン展」はじまりました!

4月30日快晴。まるで夏がもうやってきたようなあつい一日。
「エホン・ミホン・テホン展」の搬入後、夕方より、会期前日のプレイベント・ギャラリートーク(出展者からのエホンの説明)/オープニングパーティーを開きました!

080430_0
会場デザインは、andesignさん。まるで学校の教室のような空間がうまれました!1冊づつエホンがのっているのは、学校椅子です。エホンを手にとったら、その椅子にこしかけて、どうぞゆっくりとお楽しみください。
写真の赤ちゃんが主役のおはなしのエホンもありますヨ!

080430_2
ギャラリートークでは、14組それぞれのデザインコンセプトを話しました。
デザイナーの想い、コンセプトは、そのまま読み手に伝わることもあれば、まったく違う広がりが生まれることもあります。一旦、作り手の手を離れたら、読み手の受け取り方、捉え方、感じ方は自由だと思いますが、でも一冊のエホンがどのようなコトを考えられて作られたか、というのを知るのもまた楽しく興味深いことでもあります。そのようなエホンのできるまでのエピソードや作り手のコンセプトなどにも興味を持って頂いた方は、会場には常に参加者が数人おりますので、ぜひお声おかけください!

080430_3
セトキョウコさんによるおいしいケータリングのオープニングパーティー。会場は大盛況で、つぎからつぎへとあっと言う間に無くなっていくので写真がほとんど撮れませんでした。これだけは撮っておかなくては!とおさえた、遊び心たっぷりのデザート「シュウ」クリーム。さて、このめがねの顔は誰でしょうーー?!ヒント:コド・モノ・コトの「シュウ」のつく人です。

080430_4
乾杯をしているおとな達の間をするするするーっとくぐって、彼が一目散に向かったのは、Nu Amu Misin ?さんの大きな布のえほん!今回の展示タイトル「エホン・ミホン・テホン」は、
<エ>本は、
<ミ>る=視覚から伝わること
<テ>でさわる=触覚(触感)から伝わること
を考えてつけました。
まさに、彼は、この布のエホンの<テ>から伝わることをたっぷりと楽しんでくれている様子でした!

他13組の紙のエホンも、紙選び、大きさ選び、構造、視覚的表現、触覚的なアプローチ、その他、読んだ後の行動の広がりのような想定をしているエホンもあったり、さまざまです。
ぜひ、<ミ>て<テ>でさわって、お楽しみくださいーー!!!

本日、5月1日より5月5日まで開催中です!
ぜひぜひ遊びにいらしてください!!
「エホン・ミホン・テホン展」
 2008年5月1日ー5日
 吉祥寺モノギャラリー

(のぐち)


more
コメント

コメント







バックナンバー

コメント

rss