ノート

トップ > ノート > 小鹿田焼の展示会のご案内

Jul.

08

[ のぐちようこ ]

小鹿田焼の展示会のご案内

こぐちゃやでいつもおいしいおやつをつくってきてくださったり
こぐにて小鹿田(おんた)焼のマグカップを出品してくださっている
くれまつそのこさんから、展示会のご案内が届きました♪

+ + +

7/7〜12 池袋のギャラリー東花風(とうかふう)にて、
「暮らしの器 小鹿田焼 夏を楽しむうつわ展」を開催いたします。
今回は焼物以外に、小鹿田(おんた)焼を使った美味しいイベントや、
地元の美味しいものも日替わりで並びますので、
お近くにお越しの際は、ぜひぜひお立ち寄りください。

詳細はこちらをごらんくださいませ。

http://www.sonomono.net/

+ + +

小鹿田焼には、
飛び鉋(とびかんな)、 打ち刷毛目(うちはけめ)、
そのほかにもいろいろ手法があるそうですが、

こぐにてご紹介している小鹿田(おんた)焼のマグカップは、
子どもでもすべりにくく、持ちやすいように、
「千段巻き」という技法で仕上げているのだそうです。
柄、見た目、ということだけではなく、
小鹿田と深く関わっているくれまつさんだからこそ
そういった使う人、場面に寄り添った技法を
そっとちいさなマグにこめて
プロデュースしてくださっているんですね。

我が家は普段はおとなしかおりませんが
一目ぼれしたこのマグをこぐで購入して
ちいさいともだちがきたらこのマグでお茶をだしています。
実は、その「千段巻き」という技法でつくっていることを
あとから知ったのですが(コド・モノ・コトのヒトなのにごめんなさいっ)
なんていうかとてもあたたかいうれしい気持ちになりました。

くれまつそのこさんは展示会場にいらっしゃると思うので
どんなところでどんなひとたちがつくっているの?
小鹿田焼きってどうやってつくられているの?
などなど、ぜひぜひいろいろ聞いてみてくださいね。
そういうお話をうかがうとますます愛着がまして
毎回使うのが楽しみになると思いますのでね。

あ、それと、、、ここだけのはなしですが、、
小鹿田焼きっての器って、わたしのへなちょこの腕でも
なんだかとっても料理をおいしそうにしてくれるんですよねえ。
わたしにとっては、心強い味方です(笑)。


more
コメント

コメント

のぐちさん、素敵なご案内ありがとうございました!
池袋での展示会は昨日終わりましたが、15日から24日まで、目白駅から3分ほどの小さなスペースにて、引続き小鹿田(おんた)焼のうつわ展を開催します。HPで詳細をお知らせしますので、目白方面にお越しの際は、ぜひぜひお立ち寄りくださいね。







トラックバック

トラックバックURL

バックナンバー

rss