ノート

トップ > ノート > 「うつわとごはん」第1回目のご報告

Jun.

08

[ よこすかゆきえ ]

「うつわとごはん」第1回目のご報告

2回連続ワークショップ「うつわとごはん」の第1回目が、5月29日(日)台風2号の大雨の中、無事に終了しました。
このワークショップは、コドモノコトの小金井支部の初めての活動で、小金井在住のメンバーが中心になって進めました。参加者の多くが小金井やその周辺からの参加。ひとつの地域で知った顔同士が、講師になったり参加者になったりしながら、定期的にやることで、参加してくれる子どもたちの成長も見ていきたいと思っています。

今回はうつわを量産するために発展した技術である転写シールを九谷の窯からわけてもらい、それをうつわの好きなところに貼って、自分だけの九谷焼を作ろうというもの。申込開始からあっという間に定員に達してしまい、定員を超えて受付てしまったので、予定していたお部屋がいっぱいいっぱいになってしまい、熱気ムンムン。

スタートはスタッフ岡田恭明さんによる絵本の朗読。子どもたちはあっという間に集中。

utsuwa_ws1.jpg


講師、岡田ちひろさんにバトンタッチすると、焼き物の話にみんな目がきらきら(早くやりたい〜)。

okada2.jpg


シールが配られるとあっという間に、「私これ!」「ぼくはこれを使う!」と自分のシールを選んで、ハサミでチョキチョキ。貼り方の説明も追いつかない程に早いスピードです。

hajime.jpg

aoi.jpg

tensya.jpg

大人も子どもも真剣で、あっという間に一時間が過ぎ、ステキなうつわができあがりました。後は岡田さんの窯で焼いてもらえば完成です。

6月12日に完成したうつわを見るのがとっても楽しみ。そしてそのうつわと「くーわん」で、おいしいごはんを食べるのです。

参加者の皆様、雨の中ありがとうございました。


more
コメント

コメント







トラックバック

トラックバックURL

バックナンバー

コメント

rss