ノート

トップ > ノート > 「コド・モノ・コト研究会」へのお誘い

May.

02

「コド・モノ・コト研究会」へのお誘い

「コド・モノ・コト研究会」へのお誘い

s_kenkyukai-2_160614.jpg

2005年5月5日からはじまった「コド・モノ・コト」の活動。
10年間にわたり、デザイナーが中心となって、コドモといっしょの暮らしを、展覧会やワークショップを通じて考えてきました。そこから少しずつあったらいいなと思えるモノも生まれ、共感する人に手渡せるようになってきました。今年、11年目になるにあたり、これまでの10年間をふまえ、これからの10年を見据えて、気持ちもあらたに活動をはじめたいと思います。

実は、「コド・モノ・コト」の活動は、工業デザイナーの秋岡芳夫さんがはじめた「モノ・モノ」から影響をうけています。「モノ・モノ」のコドモ版ということで、最初は「コド・モノ・モノ」でした。モノだけじゃないだろうとコトを入れて、「コド・モノ・コト」になった経緯があります。「モノ・モノ」は物であり者でした。そして、ノモノモでもあったようです。活動拠点の中野にある「モノ・モノ」は、昨年4代目のオーナーになり、リニューアルして活動が継続しています。

さて、前置きが長くなりましたが、今年「コド・モノ・コト」は、このリニューアルした「モノ・モノ」で活動をはじめます。5月、6月、7月の月1回の研究会を経て、11月に展覧会とワークショップなどを開催しようと考えています。コドモのこと、デザインのこと、暮らしのこと、道具のこと、様々なテーマで飲みながら話し合いを重ねていきます。いっしょに考えてみませんか?


 【 第1回テーマ:コドモと暮らし 】
 コドモといっしょにどんな暮らしを実現したいのか?
 これまでの10年間の振り返りも含めて
5月10日(火)19:30〜21:30
参加費無料


 【第2回テーマ:コドモと遊び 】
 なぜコドモたちは遊ぶのでしょうか?
 コドモの暮らしには欠かせない大切なテーマ
6月14日(火)19:30〜21:30
参加費:500円
ゲスト :藤田 寿伸(ふじた ひさのぶ)
<プロフィール>
 デザイナー、幼稚園教諭、子どもの美術教室主宰
 1965年東京生。
 照明メーカーのデザイナーを経て渡伊、1994年ミラノ・ドムスアカデミー修了。
 その後日本とイタリアを行き来しながらデザインワークをおこなう。
 2008年より学校法人ゆかり文化幼稚園に勤務。
 1984年より子どもの造形美術教室指導に関わり、現在にいたる。
 2005年よりイタリアのデザイナー・教育家、ブルーノ・ムナーリの仕事についてまとめている。http://brunomunari.asablo.jp/blog/
  ゆかり文化園HP   http://www.ans.co.jp/k/yukaribunka/

 【 第3回 テーマ:コドモとモノづくり 】
 コトとモノのつながり。
 ワークショップの話もしましょう
7月12日(火)19:30〜21:30
参加費500円


会場: モノ・モノ(全回)
東京都中野区中野2-12-5 メゾン・リラ104
03-3384-2652
http://monomono.jp/?page_id=301

*飲物・食べ物は、みなさんのモチヨリでお願いします。
*「コド・モノ・コト研究会」はコドモと一緒の暮らしに興味のある方どなたでもご参加いただけます。

【お申込み、お問合せ】
 参加をご希望の方ご連絡ください。
 (1〜3回目それぞれ受け付けています)
 「氏名」「連絡先」に「参加メッセージ(興味をもった理由など)」を添えて以下までメールでお願いします。
mail@codomonocoto.jp

*応募多数の場合は先着順となります。
s_codomonocoto-kenkyukai.jpg


more
コメント

コメント







トラックバック

トラックバックURL

バックナンバー

コメント

rss